施餓鬼法要

施餓鬼法要

例年 8月19日、18:00 ~ 21:00 開催

「六道(天上界/人間界/阿修羅界/畜生道/餓鬼道/地獄)のうち、「餓鬼道」に落ちた、まさに「餓えた亡者」に食べ物を施し、供養するのが、「施餓鬼法要」です。妙法寺では、餅や菓子を撒き、子供達がこれを拾うことで、餓鬼および無縁仏の供養としています。写真の左右の山は、金銀山(大判/小判の版画)、衣装山(着物、衣類の版画)と呼ばれ、法要中に火を放ち、燃えている間に拾うことで、お金持ち、商売繁盛に繋がるとされています。施餓鬼法要を地元では「ゼニヤマ、カネヤマ」と呼んでいます。

ゼニ山/カネ山 (法要中に燃やして拾います。)

法要中の引導で、地獄の釜が開きます。

法要中、餅や菓子を撒いて、餓鬼、無縁仏、亡者がお腹いっぱいになって帰ります。