施餓鬼法要解説書

  • バージョン
  • ダウンロード 53
  • ファイルサイズ 86.51 MB
  • ファイル数 1
  • 投稿日 2020年07月10日
  • 最終更新日時 2020-07-10

施餓鬼法要解説書

・「施餓鬼法要」:飢えた鬼(餓鬼)に食べ物を施す法要
(ブッダの慈愛の精神により、年に1度、餓鬼に食べ物を施し慰める)
・六道:天上界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界
(餓鬼は餓鬼界に存在し、周囲に食物はあるが、食べようとして口元に持ってくると、口から吐く炎によって食物は燃えてしまい食べることができない。いつも飢えており、骨・皮の姿となってさまよっている。貪欲な心を持つものが陥るとされている。)
・三毒:欲・貪り/怒り・憎しみ/愚かな行為・無知
(人間が陥りやすい三つの毒。これを行うと、心が乱れ落ち着かない状態(修羅界)に陥る。不倫がバレても修羅界に陥る。修羅場という言葉にあるように。あなたも気をつけて。)

※死んだ後に六道のいずれかに輪廻すると言われるが、生きている間にも、それぞれの界に陥ることがあるので注意しよう。